JR九州がバンコクの有名なサービスアパートメントを買収

JR九州が、海外での不動産事業への参入としてタイ・バンコクにあるサマセットレイクポイントバンコクの2棟を約100億円で買収しました。

買収した会社は、タイにあるJR九州の子会社”タイJR九州ビジネスディベロップメント”でホテルの運営会社として資本金13億円で設立された会社です。まだタイでホテル運営をしていません。

サービスアパートメントとは、長期滞在するビジネスマン向けに建てられたアパートメントで、ホテルに近いサービスを提供しているところもあります。それのため、長期滞在のビジネスマンにとっては便利な施設なので、この買収したサービスアパートメントと言う業態のノウハウを日本へ持ち込むのも視野に入れているようです。

買収したサマセットレイクポイントバンコクは、バンコク中心部に位置しており、32階建と27階建の2棟で429室あります。敷地内には、プールやジムなどの施設が揃っています。このうち1棟を改築して、客単価を上げていくようです。

市内中心部という好立地で、日系企業が多く集まるエリアや歓楽街からも近いので日本のビジネスマンだけでなく多国籍のビジネスマンに重宝される場所だと思います。

JR九州は、今後の展開として、この1軒目だけでなく、2軒目、3軒目と増やしていきたいという話です。

そうなれば日本のサービス(おもてなし)が出来るスタッフや、そのスタッフ育成の教育が可能なマネージャーが必要となってきますので、ホスピタリティーが求められるサービス業に従事可能なスタッフが必要となってきます。今後ますます日本人求人も増えてくるだろうと予想されています。

今月は福岡に帰らずに大阪へ行っていました。

今月はビジネス関係なく日本へ帰ってました。しかも福岡ではなく大阪です。
奥さんが大阪観光をしたいと言い出したのが理由です。
大阪と言っても結局大阪で行ったのはユニバーサルスタジオジャパンくらい(泊まったホテルはJR大阪駅に隣接するホテル)だったので、有名な道頓堀や通天閣、あべのハルカスなどへは行ってません。ユニバーサルスタジオジャパンもドアトゥドアに近いレベルですから。

何年ぶりかに行った京都はすごく楽しかったです。京都駅前は近代化されていますが、寺社仏閣周りは京都らしさが残っていて、「京都いいな」って本当に思いました。奥さんが神戸と奈良に行ったことがないということでしたので、京都には1日しかいなかったのですが、2日とか3日は時間を作った方が良いと思いました。

奈良は、大阪に住んでいた時に彼女が法隆寺にいたこともあり、法隆寺方面はよく行きました。しかし、奈良公園は初めて行きましたが、なかなか良いところだと思いました。ランチを食べたのは、大阪時代の友人オススメの割烹料理屋で、これまた良かったです。私の奥さんは写真を撮りまくっていたのですが、私は遠慮してしまい撮り忘れました。
大将との会話で知ったのですが、奈良には色々な食べものが奈良発祥のようです。覚えている限りで「そうめん」、「日本酒(清酒ではない)」、「奈良漬」、「春雨」です。

その時は、大将以外に同じカウンターにいたお爺さんが「奈良は都があって、古い町なので発祥のものが多い」と言われていました。しかし、調べた限りでは奈良漬が奈良時代からあるようですが、他はどうやら京都に都を移してからのようでした。

神戸はルミナリエだけを見に行ってきました。あまり調べてなかったので、初日に行って正解。まさかの最終日でした。デートコースに最適だと思われるイベントがクリスマスまでやってないのは「何か意味があるのかな?」って思ってましたが、奥さんははしゃぐまくっていました。

SETの衰退を食い止めるオフショア企業

上場企業の純利益が支えるもの

 タイ証券取引所(SET)幹部によりますと、タイ国内は不安定な経済状況であるものの、海外の多数企業による投資によって純利益は増加しており、市場の衰退を和らげる役目をしています。

 200社以上の上場企業が海外から投資をしており、107社の総利益のうち、47%がオフショア投資によるもの、とSETシニア・バイスプレジデントのパコーン・ピータタワッチャイ氏は述べました。

 「興味深いことに、タイに上場している海外企業の投資によって、中小企業よりも優れた純利益の増加を達成することができています。」と同氏。SETのデータ調べによると、572社のSET上場企業はトータル619社(非コンプライアンスや企業活動のない会社は除く)のうちの92.4%ありますが、2017年最初の3ヶ月で総純利益2,850億バーツで前年比21%上回りました。MAI上場企業のうち133社、つまり全139社の内の96%の企業によって11.8億バーツ、前年比4.1%増の総純利益を挙げたと報告されました。4月時点でSETとMAI上場の企業は時価総額281.9億バーツにより資金を増大しました。そのうち、271.9億バーツはSET、10億バーツはMAIで流通している株式です。

 最初の4ヶ月間で、合計資金は518.5億バーツにまで上昇しました。タイの株式市場は海外投資家から見て今でも魅力的な市場で、先月は18.3億バーツ、1月から5月11日までに83.5億バーツの買い取引がありました。しかしながら、不動産投資家は慎重です。売り買いの比率が昨年の同時期は53%〜55%だったのに対し、4月には49.4%まで下がりました。4月のSET・MAI両市場での取引額は、悲観的な市場感情により、年間平均401億バーツ、昨年同時期に比べて8.2%下がりました。

 しかし、5月11日付の平均取引額は少し上昇の415億バーツに上昇しました。4月末時点の両市場の合計資産は15兆8,000億の2016年の年末から1.9%上昇しました。SET市場の時価総額は、先月末時点で、前年比2.6%増の15兆5,000億バーツでしたが、MAI市場は24.6%減の3,210億バーツでした。4月末時点で、SETの配当利回りは3.2%、MAIは1.7%でした。

 平均的なデリバティブ取引として、4月に一日当たり244,808件の契約がありました。最初の4カ月間に、平均的なデリバティブ取引のボリュームは年度初めの一日当たり291,043件の契約にくらべて2.1%増となりました。個別株先物取引の増加が大きく影響しています。

 SETは、6月22日に「タイの大戦略運動」という題名で国内での講演会を予定しており、副首相ソムキット・チャトゥシーピタック氏も招待される予定です。