新付加価値税制度に待ったをかける民間企業

新制度の脅威は自由経済の妨げになるでしょう。

国内民間企業は、新付加価値税制度の基本的な法令の起案作業に参加の意向を示しています。

ベーカー&マッケンジーバンコクオフィスで所長を務めるキティポン・ウラピーパタナポン氏は、税委員会会長や商工会議所の幹部として話せる範囲で述べました。タイの民間企業は付加価値税制度の編集について懸念を抱いていると考えられます。現在、90の基本法令は草案の段階です。

「財務省は草案作業を6月後半までに急いで完了させる計画だと発表しましたが、その発表通り、国が採用する付加価値税の新計算方法についての詳細についての草案作業が完了したかどうかについて、まだ明確に把握していません。」と同氏。

ボリガー&COコンサルティング社の共同経営者で貿易・関税の専門家である、マリカ・ブミバーン氏は、以前から、海外製の自動車、ウイスキー、ワインの輸入企業は、他国からの仕打ちを受けたとしてタイの新付加価値税制度へ募る苛立ちを爆発させていると指摘していました。

関係企業は政府に対し、新付加価値税の仕組みを実施する前に民間企業の意向の聞き取りをするよう訴えています。

マリカ氏によると、新税制度への懸念のキーポイントは実質的なガイドラインを明記することであるとして、万一民間企業が法案の編集会議に参加が許されない場合、後に問題があった場合にそれを追記するよう求められます。

関連団体は、二院制立法府によって付加価値税の草案を検討する際、早い段階から、推奨小売価格についての民間企業の懸念を伝えていました。

新付加価値税法によって、製造費・管理費・標準利益に基づく小売価格を推奨しており、その小売価格は、通常の市場状況の下、エンドユーザーへ販売される商品の最終小売価格よりも安くならないことを薦めています。

法律により、議論されている付加価値税計算についての推奨小売価格決定権は、物品税局長に権限が与えられています。

新付加価値税制度は、製造業者が物品税局に小売価格の構造について報告することを義務付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です